パターの転がりについて

今日はまた一段と暑いですね

タイガー・ウッズ勝ちましたね~
やっぱり強かった

最終日はパターが良く入っていましたよね
一流のプロになればなるほどクラブへのこだわりが強くなっていきます。

いきなりですけど、今みなさんが使われているパターのロフト角はいくつがご存知ですか?
一応カタログには掲載されていますけど、必ずしもすべての製品がカタログ値通りに作られてるとは限りません

一般的にはパターのロフトは2~5度の間で作られています。
なぜ、このようなロフトに作られているのでしょうか
P1000904.jpg

色々な通説がありますが、言う人によって千差万別です

ロフトがあると、空中を飛んでる時間が長くなるから転がりすぎるという人もいれば、
逆にバックスピンが増えて転がらないという人もいます

近年、スーパースロー等の設備で、パターでボールを打ち出した時の挙動を検証できるようになって、
色々わかってきたみたいです
バックスピンを減らすフェースインサートも検証結果の成果と言えるかもしれません

ロフトの話に戻りますが、グリーン上のボールはわずかながら芝生の中に沈んでいます
ですのでロフトがないパターでは沈んだボールをうまくラインに打ち出すことは出来ません
やはりある程度ロフトが必要なのは間違いなさそうです

逆にロフトが多すぎると空中にボールが飛びあがってしまい、バックスピンが増え、ボールが着地した時にうまくラインに乗っていきにくいと考えられます

打ち方にもよりますが、そういった事を考えた上で
パターのロフトは2~5度の範囲で作られているのかもしれませんね


まずは、ご自身のパターのロフトを調べてみましょう
ゴルフスタジオGNではロフト計測は無料です

ロフト修正は一本315円で承っております

ショートパットがいつもショートする
ロングパットの距離感が悪い
原因はスキルではなくてパターのロフトが合ってないのかもしれません

ドライバー・アイアンのロフトもいろいろ調整、修正する時代です
パターのロフトもいろいろ試してみましょ~(^o^)/


あ タイガーウッズのロフトは3.8度らしいです


パターライ角について↓
虎の巻 パター編

ゴルフスタジオGN












 

Comment

非公開コメント

プロフィール

ゴルフスタジオGN

Author:ゴルフスタジオGN



ゴルフスタジオGNのブログへようこそ!
2012年10月13日に福井市でオープン。
ゴルフショップとカスタムクラブ組立、修理+楽しみながら上達できるシミュレーションゴルフを設置。
ゴルフショップと本格シミュレーションを行うのは福井初。
近くに来られた時にはぜひお立ち寄りください。

GNPV
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR